カテゴリー「未分類」の記事

耐用年数より早く故障する原因

2013年8月23日 / 未分類

ソーラーシステムは数ある再生可能エネルギーを利用した発電システムの中でも特に扱いやすいことから家庭用ソーラーシステムが数多く販売されています。

家庭用ソーラーシステムの耐用年数はどのメーカーでも共通して10年前後と定めていますが、時には10年以内に故障してしまったり発電量が著しく低下してしまう事があり、ひどい場合は発電したその月に異常が表れることもあるそうです。

このように耐用年数より早く故障してしまう原因とは一体何なのでしょうか。

稼働開始から一月もしないうちに故障したりした場合は出荷段階でトラブルが発生したか取り付け工事時に手荒に扱ってしまったことで中の配線などが切れてしまった事が考えられます。

こうしたトラブルはソーラーシステムの販売が始まったばかりのころはよくあったらしく、工事に関するノウハウが無い業者は特にトラブルを起こしやすいので業者選びは慎重に行うようにしましょう。

稼働を開始してから何年か過ぎた後発電量に目に見える変化が表れた場合は主にパワーコンディショナーに異常が発生する事が多いといいます。

パワーコンディショナーは24時間稼働しっぱなしの上屋外に設置するタイプだと砂埃などが内部に侵入して故障を促す事が多いので定期的な発電量チェックは忘れないようにしましょう。

ソーラーシステムの耐用年数を延ばすには

2013年8月23日 / 未分類

ソーラーシステムは長い間太陽光を吸収して電力を供給する事が出来ますが、さすがに10年間も休むことなく使い続けていたら性能は低下し、寿命も近づいて来るでしょう。

ソーラーシステムに利用されているパワーコンディショナーと呼ばれる機材は平均寿命が10年前後といわれており、そのころには国内メーカーのほとんどの保証期間は過ぎています。

そのため10年前後は修理や買い替えが検討される時期となるのですが、できればもっと長く使い続けたいという方は耐用年数を伸ばすために出来ることをやっていきましょう。

ソーラーシステムの耐用年数を延ばすには何よりソーラーシステムを大切に使い続ける事が大切です。

特にパワーコンディショナーは24時間稼働しっぱなしで、各パーツに負担を掛け続けているので定期メンテナンスの機会は必ず設けるようにしましょう。メーカー補償の中には年毎のパーツ点検が無料になるサービスなどが付いていることもあるので、出来る限り長く同じソーラーシステムを使い続けたいという方はシステムの性能ももちろんですが、それ以外のサービスなども細かくチェックしてソーラーシステムを選ぶようにしてください。

そうすれば10年目以降もソーラーシステムを使い続ける事が出来るでしょう。

ソーラーシステムの発電効率

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムを利用して少しでも多くの発電量を確保したいのであれば発電効率の良いソーラーシステムを導入するようにしましょう。

使用している素材やメーカーが得意としている技術などを参考にしてソーラーシステムを選ぶようにすればかなりの発電量を確保する事が出来るソーラーシステムを導入する事が出来るでしょうが、この時気をつけて欲しいのが耐用年数がどれだけあるかということです。

仮に発電効率が高いシステムでも耐用年数が短すぎると結局損をしてしまう可能性があります。

ソーラーシステムの総発電量は発電効率の高さはもちろんですが、ソーラーシステムそのものをどれだけ使い続ける事が出来るかという耐用年数も非常に重要です。

現在販売されている家庭用ソーラーシステムの耐用年数は10年前後といわれていますが、海外メーカーの製品は経年劣化が非常に激しくすぐに発電量が低下するという話もありますし、ソーラーパネルに利用されている素材によっては数年で劣化が始まるということもあるそうなので、これから家庭用ソーラーシステムを導入する際は長い間多くの発電量を確保する事が出来るように発電効率はもとより耐用年数が長そうなものを選ぶようにしましょう。

ソーラーシステムの経年劣化

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムは電気料金の節約や環境保護などご家庭の悩みから地球規模の悩みまで解決してくれる事が出来る非常に便利なシステムなのですが、長く使い続けていると少しずつ導入当初の発電量よりも発電量が少なくなってくると思われます。

こうした数値の減少はソーラーシステムの経年劣化によって引き起こされている可能性が高く、状況を改善するにはパーツの交換や買い替えなどが必要になってくるかも知れません。

家庭用ソーラーシステムの経年劣化は実際のところどれだけの形で発電量に影響されるか詳しい事がそれほど分かっていません。

本格的に家庭用ソーラーシステムが導入されたのが90年代後半で、寿命が近づきつつあるソーラーシステムが今の時期になってようやく現れ始めたという状態なのでそれほど多くのデータが存在するというわけではないので、現在の進化したソーラーシステムだとどれだけ数値が下がるのかははっきりとしたことは分かりません。

しかし数値が下がってくるというのはほぼ間違いないはずなので、なるべく長く同じ家庭用ソーラーシステムを利用したいという方は経年劣化に強いといわれている素材を利用して製造されているソーラーパネルなどを導入するようにしたほうが良いでしょう。

長くソーラーシステムを使うには

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムは環境保護やエネルギーの節約に大いに役立てる事が出来る上、災害時に発電所が停止してしまった場合などでも晴れてさえいれば普段どおりの生活を送る事が出来るくらいの電力を確保する事が出来るので、震災以降より多くの人に注目されるようになりました。

しかし家庭用ソーラーシステムの価格はまだまだ高く、導入した後すぐに壊れてしまった場合などはどうすれば良いのかと不安に感じているという人も多いのではないでしょうか。

長くソーラーシステムを使うには導入前に見ておくべきことや導入後やるべきことなども多くあるので気をつけるようにしましょう。

ソーラーシステムは各メーカーごとによって耐用年数や保証期間が異なります。

もちろん耐用年数が長いほうがより多くの発電量を確保する事が出来ますし、保証期間が長ければ早い段階で故障した場合でも無料で修理する事が出来るでしょう。

耐用年数は大抵のメーカーが10年前後に設定していますが、経年劣化による発電量の低下なども考えると同じ耐用年数でも総発電量に大きく差が出てくると思われるので注意が必要です。

保証期間はどちらかというと海外メーカーのほうが長い傾向にありますが、耐用年数が短めという話もあるので注意が必要です。

耐用年数と保証期間

2013年8月23日 / 未分類

再生可能エネルギーを利用した発電システムは環境保護やエネルギー不足の解消に役立つエネルギー供給法として非常に注目を集めています。

そのためソーラーシステムを普及させようとする動きは世界各国で活発になってきており、日本では特に家庭用ソーラーシステムの普及に力を入れています。

現在の家庭用ソーラーシステムの価格は昔と比べて大分安くなってきていますが、長く使い続ける事が出来るものを使うためにも耐用年数や保証期間といった情報は出来る限り多く集めておきたいところです。

家庭用ソーラーシステムの耐用年数はメーカーごとによってばらつきはありますが、大抵は10数年といわれています。

この数値はソーラーシステムを構成する機材の一つであるパワーコンディショナーを基準にしており、ソーラーパネルだけなら20年から30年は持たせる事が出来るのだそうです。

ソーラーシステムが故障した際に利用する事が出来る保証期間は相当長く設定されており、10年間の無料保証を受ける事が出来る事がほとんどで、海外メーカーの中には25年もの長期間保証を受ける事が出来ることもあるそうです。

ソーラーシステムは安くなってきているといっても容易に買い換える事が出来るものでも無いのでなるべく長く使える事が出来そうなシステムを購入してください。

メーカーごとの耐用年数の差

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムはこれから起こるであろうエネルギー不足を解消させる手段の一つとして大変注目されており、国も少しでも多くの方に普及させるために色々な活動を行っています。

家庭用ソーラーシステムを導入する際チェックしておきたいポイントは色々ありますが、中でも耐用年数はよく確認しておいたほうが良いでしょう。安くなってきてはいるものの現在販売されている家庭用ソーラーシステムは200万円台が当たり前といった状態なので、それだけのお金を掛ける分少しでも長持ちするものを選びたいところです。

耐用年数はメーカーごとによっても異なるのでなるべく長く使いたいという方は丈夫な製品を販売しているメーカーを探しましょう。

家庭用ソーラーシステムの耐用年数は基本的には海外メーカーのものよりも国産メーカーのもののほうが優れているといいます。

メーカーが公開しているスペックにそれほど代わりが無くても国産の製品は日本で使用することを考えて設計されているものが多く、海外製のものよりも環境の変化に強いといいます。

それに長年使用していると少しずつパーツの経年劣化が起こり発電効率も下がるのですが、国産メーカーはそうした劣化の進行も遅いため長い間多くの発電量を確保する事が出来るのだそうです。

パワーコンディショナーの耐用年数

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムをはじめソーラーシステムは年々その機能を落としたり壊れやすくなってきます。

どの機会でも同じような事が言えますが、こうした故障は特に複雑な機能を有しているものがなりやすく、ソーラーシステムの場合はパワーコンディショナーと呼ばれる機材の一つが他のものより耐用年数が低いといわれているので、これから家庭用ソーラーシステムを導入する際は大きく目立つソーラーパネルだけでなく比較的地味なパワーコンディショナーにもしっかり目を向けるようにしましょう。

パワーコンディショナーの耐用年数は平均して10年ほどといわれています。

それだけ長ければ十分そうに見えるかもしれませんがそれに対してソーラーパネルは20年から30年ほど持つといわれており、その差はかなりのものとなっています。もちろん故障の際には無料保証も利用する事が出来ますが、大抵のメーカーの保証は10年ほどと定められている事が多く保証期間内の間に修理を行えるかどうかははっきり言ってギリギリのタイミングと言う他ありません。

これから家庭用ソーラーシステムを導入する予定という方はついつい目が生きがちのソーラーパネルや平均の発電量以外にもパワーコンディショナーについても見ておきましょう。

ソーラーパネルの耐用年数

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムは昼間に使用する電力を晴れて限り供給し続ける事が出来、蓄電器を用いることで夜間でも利用する事が出来るようになったり災害によって電力供給がストップした場合でも電力を使用する事が出来たりと様々な場面で役立てる事が出来ます。

ここで気になるのがソーラーシステムの耐用年数で、せっかく高額なソーラーシステムを一式購入したのにわずか数年で壊れてしまっては維持費がいくらあっても足りません。

ソーラーシステムは一体どの程度の間発電を続ける事が出来るのでしょうか。

ソーラーシステムの耐用年数は各パーツによって前後しますが、太陽光から電気を作り出すソーラーパネルの寿命は以前と比べて格段に延びてきています。現在利用されているソーラーパネルの耐用年数は既に20年から30年にも及ぶといわれており、一度購入すれば向こうしばらくは電力を供給し続ける事が出来るはずです。もちろんその間に故障することもひょっとしたらあるかもしれませんが、その時はメーカーの保証を受ける事が出来れば修理する事が出来ますし、メーカーごとに違いはありますが大抵は10年から20年以上もの間無料で修理や検査を行っているので、短期間の間に故障が見受けられるときはすぐに連絡して完璧に修理をしてもらえるようにしましょう。

TOPへ戻る