ソーラーシステムの発電効率

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムを利用して少しでも多くの発電量を確保したいのであれば発電効率の良いソーラーシステムを導入するようにしましょう。

使用している素材やメーカーが得意としている技術などを参考にしてソーラーシステムを選ぶようにすればかなりの発電量を確保する事が出来るソーラーシステムを導入する事が出来るでしょうが、この時気をつけて欲しいのが耐用年数がどれだけあるかということです。

仮に発電効率が高いシステムでも耐用年数が短すぎると結局損をしてしまう可能性があります。

ソーラーシステムの総発電量は発電効率の高さはもちろんですが、ソーラーシステムそのものをどれだけ使い続ける事が出来るかという耐用年数も非常に重要です。

現在販売されている家庭用ソーラーシステムの耐用年数は10年前後といわれていますが、海外メーカーの製品は経年劣化が非常に激しくすぐに発電量が低下するという話もありますし、ソーラーパネルに利用されている素材によっては数年で劣化が始まるということもあるそうなので、これから家庭用ソーラーシステムを導入する際は長い間多くの発電量を確保する事が出来るように発電効率はもとより耐用年数が長そうなものを選ぶようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る