ソーラーシステムの経年劣化

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムは電気料金の節約や環境保護などご家庭の悩みから地球規模の悩みまで解決してくれる事が出来る非常に便利なシステムなのですが、長く使い続けていると少しずつ導入当初の発電量よりも発電量が少なくなってくると思われます。

こうした数値の減少はソーラーシステムの経年劣化によって引き起こされている可能性が高く、状況を改善するにはパーツの交換や買い替えなどが必要になってくるかも知れません。

家庭用ソーラーシステムの経年劣化は実際のところどれだけの形で発電量に影響されるか詳しい事がそれほど分かっていません。

本格的に家庭用ソーラーシステムが導入されたのが90年代後半で、寿命が近づきつつあるソーラーシステムが今の時期になってようやく現れ始めたという状態なのでそれほど多くのデータが存在するというわけではないので、現在の進化したソーラーシステムだとどれだけ数値が下がるのかははっきりとしたことは分かりません。

しかし数値が下がってくるというのはほぼ間違いないはずなので、なるべく長く同じ家庭用ソーラーシステムを利用したいという方は経年劣化に強いといわれている素材を利用して製造されているソーラーパネルなどを導入するようにしたほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る