耐用年数より早く故障する原因

2013年8月23日 / 未分類

ソーラーシステムは数ある再生可能エネルギーを利用した発電システムの中でも特に扱いやすいことから家庭用ソーラーシステムが数多く販売されています。

家庭用ソーラーシステムの耐用年数はどのメーカーでも共通して10年前後と定めていますが、時には10年以内に故障してしまったり発電量が著しく低下してしまう事があり、ひどい場合は発電したその月に異常が表れることもあるそうです。

このように耐用年数より早く故障してしまう原因とは一体何なのでしょうか。

稼働開始から一月もしないうちに故障したりした場合は出荷段階でトラブルが発生したか取り付け工事時に手荒に扱ってしまったことで中の配線などが切れてしまった事が考えられます。

こうしたトラブルはソーラーシステムの販売が始まったばかりのころはよくあったらしく、工事に関するノウハウが無い業者は特にトラブルを起こしやすいので業者選びは慎重に行うようにしましょう。

稼働を開始してから何年か過ぎた後発電量に目に見える変化が表れた場合は主にパワーコンディショナーに異常が発生する事が多いといいます。

パワーコンディショナーは24時間稼働しっぱなしの上屋外に設置するタイプだと砂埃などが内部に侵入して故障を促す事が多いので定期的な発電量チェックは忘れないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る