長くソーラーシステムを使うには

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムは環境保護やエネルギーの節約に大いに役立てる事が出来る上、災害時に発電所が停止してしまった場合などでも晴れてさえいれば普段どおりの生活を送る事が出来るくらいの電力を確保する事が出来るので、震災以降より多くの人に注目されるようになりました。

しかし家庭用ソーラーシステムの価格はまだまだ高く、導入した後すぐに壊れてしまった場合などはどうすれば良いのかと不安に感じているという人も多いのではないでしょうか。

長くソーラーシステムを使うには導入前に見ておくべきことや導入後やるべきことなども多くあるので気をつけるようにしましょう。

ソーラーシステムは各メーカーごとによって耐用年数や保証期間が異なります。

もちろん耐用年数が長いほうがより多くの発電量を確保する事が出来ますし、保証期間が長ければ早い段階で故障した場合でも無料で修理する事が出来るでしょう。

耐用年数は大抵のメーカーが10年前後に設定していますが、経年劣化による発電量の低下なども考えると同じ耐用年数でも総発電量に大きく差が出てくると思われるので注意が必要です。

保証期間はどちらかというと海外メーカーのほうが長い傾向にありますが、耐用年数が短めという話もあるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る