メーカーごとの耐用年数の差

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムはこれから起こるであろうエネルギー不足を解消させる手段の一つとして大変注目されており、国も少しでも多くの方に普及させるために色々な活動を行っています。

家庭用ソーラーシステムを導入する際チェックしておきたいポイントは色々ありますが、中でも耐用年数はよく確認しておいたほうが良いでしょう。安くなってきてはいるものの現在販売されている家庭用ソーラーシステムは200万円台が当たり前といった状態なので、それだけのお金を掛ける分少しでも長持ちするものを選びたいところです。

耐用年数はメーカーごとによっても異なるのでなるべく長く使いたいという方は丈夫な製品を販売しているメーカーを探しましょう。

家庭用ソーラーシステムの耐用年数は基本的には海外メーカーのものよりも国産メーカーのもののほうが優れているといいます。

メーカーが公開しているスペックにそれほど代わりが無くても国産の製品は日本で使用することを考えて設計されているものが多く、海外製のものよりも環境の変化に強いといいます。

それに長年使用していると少しずつパーツの経年劣化が起こり発電効率も下がるのですが、国産メーカーはそうした劣化の進行も遅いため長い間多くの発電量を確保する事が出来るのだそうです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る