耐用年数と保証期間

2013年8月23日 / 未分類

再生可能エネルギーを利用した発電システムは環境保護やエネルギー不足の解消に役立つエネルギー供給法として非常に注目を集めています。

そのためソーラーシステムを普及させようとする動きは世界各国で活発になってきており、日本では特に家庭用ソーラーシステムの普及に力を入れています。

現在の家庭用ソーラーシステムの価格は昔と比べて大分安くなってきていますが、長く使い続ける事が出来るものを使うためにも耐用年数や保証期間といった情報は出来る限り多く集めておきたいところです。

家庭用ソーラーシステムの耐用年数はメーカーごとによってばらつきはありますが、大抵は10数年といわれています。

この数値はソーラーシステムを構成する機材の一つであるパワーコンディショナーを基準にしており、ソーラーパネルだけなら20年から30年は持たせる事が出来るのだそうです。

ソーラーシステムが故障した際に利用する事が出来る保証期間は相当長く設定されており、10年間の無料保証を受ける事が出来る事がほとんどで、海外メーカーの中には25年もの長期間保証を受ける事が出来ることもあるそうです。

ソーラーシステムは安くなってきているといっても容易に買い換える事が出来るものでも無いのでなるべく長く使える事が出来そうなシステムを購入してください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る