ソーラーシステムの耐用年数を延ばすには

2013年8月23日 / 未分類

ソーラーシステムは長い間太陽光を吸収して電力を供給する事が出来ますが、さすがに10年間も休むことなく使い続けていたら性能は低下し、寿命も近づいて来るでしょう。

ソーラーシステムに利用されているパワーコンディショナーと呼ばれる機材は平均寿命が10年前後といわれており、そのころには国内メーカーのほとんどの保証期間は過ぎています。

そのため10年前後は修理や買い替えが検討される時期となるのですが、できればもっと長く使い続けたいという方は耐用年数を伸ばすために出来ることをやっていきましょう。

ソーラーシステムの耐用年数を延ばすには何よりソーラーシステムを大切に使い続ける事が大切です。

特にパワーコンディショナーは24時間稼働しっぱなしで、各パーツに負担を掛け続けているので定期メンテナンスの機会は必ず設けるようにしましょう。メーカー補償の中には年毎のパーツ点検が無料になるサービスなどが付いていることもあるので、出来る限り長く同じソーラーシステムを使い続けたいという方はシステムの性能ももちろんですが、それ以外のサービスなども細かくチェックしてソーラーシステムを選ぶようにしてください。

そうすれば10年目以降もソーラーシステムを使い続ける事が出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る