パワーコンディショナーの耐用年数

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムをはじめソーラーシステムは年々その機能を落としたり壊れやすくなってきます。

どの機会でも同じような事が言えますが、こうした故障は特に複雑な機能を有しているものがなりやすく、ソーラーシステムの場合はパワーコンディショナーと呼ばれる機材の一つが他のものより耐用年数が低いといわれているので、これから家庭用ソーラーシステムを導入する際は大きく目立つソーラーパネルだけでなく比較的地味なパワーコンディショナーにもしっかり目を向けるようにしましょう。

パワーコンディショナーの耐用年数は平均して10年ほどといわれています。

それだけ長ければ十分そうに見えるかもしれませんがそれに対してソーラーパネルは20年から30年ほど持つといわれており、その差はかなりのものとなっています。もちろん故障の際には無料保証も利用する事が出来ますが、大抵のメーカーの保証は10年ほどと定められている事が多く保証期間内の間に修理を行えるかどうかははっきり言ってギリギリのタイミングと言う他ありません。

これから家庭用ソーラーシステムを導入する予定という方はついつい目が生きがちのソーラーパネルや平均の発電量以外にもパワーコンディショナーについても見ておきましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る