ソーラーパネルの耐用年数

2013年8月23日 / 未分類

家庭用ソーラーシステムは昼間に使用する電力を晴れて限り供給し続ける事が出来、蓄電器を用いることで夜間でも利用する事が出来るようになったり災害によって電力供給がストップした場合でも電力を使用する事が出来たりと様々な場面で役立てる事が出来ます。

ここで気になるのがソーラーシステムの耐用年数で、せっかく高額なソーラーシステムを一式購入したのにわずか数年で壊れてしまっては維持費がいくらあっても足りません。

ソーラーシステムは一体どの程度の間発電を続ける事が出来るのでしょうか。

ソーラーシステムの耐用年数は各パーツによって前後しますが、太陽光から電気を作り出すソーラーパネルの寿命は以前と比べて格段に延びてきています。現在利用されているソーラーパネルの耐用年数は既に20年から30年にも及ぶといわれており、一度購入すれば向こうしばらくは電力を供給し続ける事が出来るはずです。もちろんその間に故障することもひょっとしたらあるかもしれませんが、その時はメーカーの保証を受ける事が出来れば修理する事が出来ますし、メーカーごとに違いはありますが大抵は10年から20年以上もの間無料で修理や検査を行っているので、短期間の間に故障が見受けられるときはすぐに連絡して完璧に修理をしてもらえるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る